この記事の所要時間: 351

 

会社員と子育てを両立しながら
スキマ時間に楽しく稼いでいる
そらです(*´˘`*)♡

いつもブログにご訪問いただき
ありがとうございます^^

今回もパワフルにいっちゃいますよ~ヽ(*^∇^*)ノ

 

そうそう、先日ですね、作業中に
とうとうPCがぶっ壊れまして、
翌日、仕事帰りに近くのPC専門店に
寄って購入してきたまではよかったのですが

 

設定や旧PCで使ってた状態にするのも
サクっと終わるかななんて
思っていたらWindows10のに
アタフタしてました(汗

 

でもおNEWはいいですね~^^
サクサク動きます!

 

動画作成や画像作成を多くするので
どんなグレードがいいのか
師匠にアドバイスもらって購入しました。

 

また、頑張っていこうと思いますヾ(o´▽`)ノ ハーイ☆

 

コメントのお返事ができていなくて
申し訳ありません!

 

さて、今日の本題に入りますね^^

少し前に、ある大きな企業が社員の兼業を認める
発表がありましたね。

 

法律上では労働者の副業を禁止する規定は
ないんです。

そう、ないんですよ!!

 

ただ、「本業に支障が出る」などの理由で
就業規則に副業禁止の項目を入れていた会社が
多かったわけです。

 

でも、副業OKって
給料の保証ができないということでも
あるのかなって思います。

 

自分の生活は自分で何とかして
行かなければですね。

 

◇会社員をやりながらでも起業は可能◇

私が視野に入れている部分です^^

副業OKとなれば喜ぶ人は多いですね。
堂々と副業ができるわけですから。

でもね、必ずしも副業に収まっている
必要はないんですね。

実際は会社員をしながら、
自分の会社を設立することもできちゃいます。

副業がOKなら
自らが代表取締役になってもいいし、
個人事業主になってもいいわけです。

私の勤めてる会社は家族経営の
中小企業なので規則は厳しくないです。

小さな子供持つママには
本当にありがたく、お休みもしやすい、
そんな感じなので、起業するのも
自分の努力次第では夢で終わらないかなと
思っています^^

 
◇会社員を最大限に活用する◇

「会社を設立しよう」と思っても、
すぐに会社員を辞めてはいけないですよ!

法人の方が個人より信用力があると思いがちですが
実績のない会社には信用がありません。

そこで、
「会社に長年勤務している会社員」という
信用を確保することが一番です。

生活していく上で社会的信用って
かなり大事です。

車を買ったり、家を買ったり
何かの契約をする場合にお金が必要に
なりますよね。

キャッシュで支払える位
稼いでいれば全く問題ないと思いますが
ローンを組んだりする場合、

銀行にとっては、会社員は公務員の次に安心して
お金を貸すことのできる相手なんです。

会社員は一定の給料が毎月入り、
基本的に勤続年数が3年も過ぎると
社会的な信用力になるんです。

老後のことも含め他にも会社員のメリットは
たくさんありますからね。

 

だからやろうと思えばいろんな選択肢が
あるわけです。

 

会社員といえば、自由がなかったり
拘束時間が長かったりと色んなイメージが
ありますし、実際時間を作ることが
難しいのは事実ですよね。

 

でも、会社員のままでも
外注やインターネットなどの手段が
発達している今の時代、
起業することは可能なんですよね^^

 

それがネットビジネスの魅力でも
あります。

 

もちろん、その後独立なんてことも
できちゃいますね。

 

副業で起業するのもヨシ!
独立するのもヨシ!

 

夢は大きくなりますね^^

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。02

ブログランキングに参加しています。

応援頂けると嬉しいです^ ^