この記事の所要時間: 336

 

gazou32

 

こんにちは、そらですヾ(o´∀`o)ノ♪

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

今回も元気いっぱいパワフルに参りますよ~ヽ(*^∇^*)ノ

 

先日、大変なことに気づかされました。

連絡をくださったのはメルマガ読者さま。

 

メルマガ内のリンクがクリックしても
表示されませんと。

 

なんと使用している短縮URLツールが
正常に動いてなかったのです(´;ω;`)

 

焦りました、本当に。
少し前に、PCを新調したんです。

 

その際にツール系はすべて新たに設定したので
問題ないと思っていたんです。

 

短縮するまでは確認はしたのですが
短縮したURLをクリックしてなかったなと
反省しました。。。

 

さて、今回はメルマガだったのですが
ブログはどうでしょう。

 

私はプラグインを入れてリンク切れを
チェックしています。

 

ブログではリンクを切れたまま放置しておくと
SEO的に不利になるのはご存知ですか?

 

評価が下がりますし、何より、訪問者さまを
がっかりさせてしまいますよね。

 

アフィリリンクであれば収益を
逃してしまうことにもなります。

 

外部へのリンクやアフィリリンクも
同様ですが、なかなか気が付かないものです。

 

コメント周りをしてリンクを残してくれた方が
やむを得ずブログを閉鎖してしまった場合なども
なんです。

 

そこでリンク切れをチェックしてくれる
プラグインが大活躍してくれます。

 

Broken Link Checkerというものがありますので、
これをインストールして設定しておけば
リンク切れを定期的にチェックして
教えてくれます。

 

動作が重くなるという話も聞いたことが
ありますが、私は特に不便を感じたことは
ないです^^

 

Broken Link Checkerの使い方
 

cats-a

wordpressの[プラグイン]→[新規追加]をクリック。

プラグインの検索に「Broken Link Checker」と
入力して検索してください。

いますぐインストール」をクリックしたら
「プラグインを有効化」にしましょう。

ここまではプラグインを入れたことがあれば
大丈夫ですね。

次に詳細設定です。

 
設定変更
 

cats-2

「設定」→「Broken Link Checker」を
クリックしてください。

 

キャプチャe

・ステータス:リンクエラーの状況

・各リンクをチェック:リンクチェックする頻度を設定

・メールで通知:通知を受け取る場合はチェック

・リンクの調整:デフォルトではリンクエラーは
自動で打ち消し線が入るようになっています。

 

こちらはデフォルトのままでOKです。
リンクチェックする頻度を変えたい場合は
時間を変更します。

 

リンク切れを発見してくれると、メールで
知らせてくれ、リンクエラーの場合、
そのリンクに打ち消し線が引かれています。

 

リンク解除、投稿の修正をする場合は、
手動で行う必要があります。

 

ダッシュボード【ツール】→【リンクエラーをチェック】
このページからリンクの編集を行うことができます。

 

いかかでしたか?

このプラグインはシンプルですし
使いやすいのでお使いになってみてくださいね。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。02

ブログランキングに参加しています。

応援頂けると嬉しいです^ ^