この記事の所要時間: 38

 


 

こんにちは、そらですヾ(o´∀`o)ノ♪

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

今回も元気いっぱいパワフルに
いきますよ~ヽ(*^∇^*)ノ

 

今回は、前回の続き、確定申告についてです。

 

時々ネットビジネスを始める前に頂く
質問があるんですが

 

確定申告とかよくわからないから
ネットで副業とかして大丈夫かな?

会社にバレないかな?

旦那さんの扶養から外れないかな?

 

どうしたらわからな~いという方が
多いんですね。

 

それもそのはず、会社員であれば
会社で年末調整をしてくれていますし
主婦で旦那さんの扶養に入っていれば
同様に会社で行ってくれています。

 

周知されている確定申告と言えば
高額の医療費を払ったときや
住宅を購入した1年目くらいでしょうか?

 

副業で収入を得た場合、
一体、いくら収入があったら
申告するべきか・・・。

 

今はネットで稼ぐ人が多く、
申告漏れが摘発されています。

 

言わなければわからないと
簡単に考えているとかえって
必要以上の税金を納めなければいけなく
なりますので、しっかりと把握しましょうね。

 

まず、副業という所得区分はありませんので
ここから理解しましょう。

 

会社員であれば給与所得ですが
個人事業主であれば事業所得。

 

他には不動産所得譲渡所得といった
ものもあります。

 

ネットオークションなどで得た
お小遣い程度の所得は雑所得となります。

 

それでは簡単に
ネットビジネスでされている方で
申告の必要がある方をまとめてみますね。

 

■会社員などの給与所得者のアフィリエイター

会社に勤めている人で
所得金額( 収入 - 必要経費 )が20万円以上の人

 

■給与所得のない専業の方や学生、
専業主婦のアフィリエイター

所得が38万円を超える人

 

厳密には住民税の申告は上記の
金額ではありません。

 

いずれにしても所得税の申告をすれば
わざわざ住民税の申告を別にする必要は
ありません。

と、こんな感じですね。
一つ、付け加えますと
ネットオークションで自分の所有する
生活用品を売った場合は

 

生活用動産の譲渡ということで
非課税になりますので、安心してくださいね。

 

もし、あなたが対象かも!と思ったら
しっかり申告しましょう^^

 

申告漏れがあってバレてしまった場合は
ペナルティが科せられる場合がありますよ。

 

せっかく自分で得た収入ですので
大切に管理していきましょう。

申告が必要かどうかはそんなに難しく考える
必要はありません。

むしろ経費とできるものは何か?
これが少し難しいかもしれません。

経費については
また次回の記事でお伝えしますね^^

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

ブログランキングに参加しています。

応援頂けると嬉しいです^ ^