この記事の所要時間: 345

 

先日、私の師匠ナオトさんと久々の

skypeをしました。

 

ナオトさんと話したあとって

なぜか凄く作業が捗るんですよね(笑

 

いつもパワーをもらって楽しさと元気を頂いてます。

 

では今回の本題に。

 

今、覚醒メールセミナーNEOで

サポートしていて、質問をもらうことが

あるのでご紹介していきたいと思います。

 

ブログやサイトで使用できる画像についてです。

画像を載せたい時、どうされていますか?

 

ネットで検索すると沢山の画像が

出てきますが、気に入ったからといって

すべて使用していいかというと

実はそうではないんですね。

 

ご存知の方も多いと思いますが

画像や映像、音楽などには

【著作権】や【肖像権】

というものがあるんですね。

 

ただ、この著作権は知っているんだけど

どんなものが良くて、ダメなものは何かって

分からないよっていう方が初心者さんには

多いんです。

 

ですからひたすらネットから拾ってきて掲載して

しまうのはダメですからね。

気をつけてくださいね!

 

では順番に説明していきますね。

使用OKの画像
 

自分で撮影したり、作成した画像

これは自分に著作権がありますので大丈夫ですね。

でも注意があります。

 

写真の場合で人物が写っている場合です。

これはその写っている方に使用許可をとった方が

いいですね。

 

全くの他人など連絡が取れない場合は個人が

特定できない加工の配慮をしておきましょう。

 

画像素材サイト(無料)

画像の所有者が使用を認めていますのでOKです。

 

ですが、『無料』ということで使用する範囲が

限られていたりしますので必ず使用する前に

規約をしっかりと確認してくださいね。

 

一部例をあげると

・個人利用・商用利用OK。
 管理者への連絡やクレジットの記載の必要もなし

・個人利用のみOK。
 商用利用する場合は、管理者に許可を得る必要がある

・個人・商用問わず、使用する際はクレジットと
 配布元のURLを記載する必要がある

 

使用している間に規約が変更になる場合も

ありますので、こまめにチェックしてくださいね。

 

画像素材サイト(有料)

有料の場合なら大丈夫と思われるかもしれませんが

こちらも規約を確認してくださいね。

利用目的によって追加ライセンス料が必要になる

場合があります。

 
使用NGの画像
 

他人のブログやサイトに掲載されている画像

もし、使用した場合は個別に使用許可を取る

必要があります。

 

画像素材サイト(有料)のサンプル

画像素材サイト(有料)で購入前に掲載されている

画像は使用できません。

 

画像に著作権保護の為の透かし文字が入っているので

わかると思いますが、もちろん、加工して

消しての使用もダメですからね。

 

いずれにしても。

心配なく、気持ち良くブログやサイトを

運営していくために画像を使用する場合は

規約をしっかりと読み、使用していいものなのか

確認することが大切ですね。

 

最後に画像素材サイト(無料)をご紹介しますね。

規約を守って使用されてくださいね。
*会員登録が必要になる場合があります。

 

足成

写真AC

ぱくたそ

pixabay

 

参考にされてみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

応援頂けると嬉しいです^ ^