この記事の所要時間: 211

 

 

今回は前記事でお伝えしたセルフピンバックを
無効にできるプラグインをご紹介しますね。

 

ピンバックは投稿記事内の URL を拾って
自動送信する機能です。

 

ですから、自分の記事内に自分の過去の記事を
引用しリンクを貼れば当然、自分宛に
ピンバックが送信されるということなんです。

 

内部リンクは積極的にされた方がいいのですが
リンクを貼るたびに承認待ちのコメントが
届いてしまうのです。

 

外部へのピンバックは送信したいけど、
自分宛のピンバック承認は毎回だから
ちょっと・・という方は

 

No Self Pings というプラグインを
利用してみてくださいね。

↓↓ダウンロードはこちら
No Self Pings
*現在はプラグイン検索で検索できません。

このプラグインをFFFTPなどでアップロード
なさってくださいね。

その後、有効化するだけです。

 

 

また他のブログで自分のブログを
引用、紹介された時も
自分のサイトにコメントとして送られてきます

 

承認すればコメント欄に

リンクを貼った側の記事タイトル、
コメント先の欄にリンクが貼られた側の
記事タイトル

が表示されます。

 

こちらの受信拒否設定は

WordPress 管理画面の左メニュー「設定」より、
「ディスカッション」画面にいきます。

WS000075

 

二番目の他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック)
を受け付けるのチェックを外してください。

WS000076

ただ、頻繁に引用されることがない限り
コメントの承認をするかしないかだけですので
あまり手間にはならないと思います。


それよりもコメント表示条件を

すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、
それ以外のコメントを承認待ちにする

にしている場合、承認することなくコメント欄に
表示されてしまいますので
自分でどの設定が良いのか決められてくださいね。

参考にされてください。

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

応援頂けると嬉しいです^ ^